古いドメインはなぜ上がりやすいのか?中古ドメインの取得・購入について教えます

- 初心者のための中古ドメイン開設

新着情報

▶2017/10/19
初心者のための中古ドメイン開設の情報を更新しました。
▶2017/10/13
避けるべき中古ドメインとはの情報を更新しました。
▶2017/10/13
値段の高い中古ドメインは良いドメイン?の情報を更新しました。
▶2017/10/13
ドメイン取得業者の選び方の情報を更新しました。
▶2017/10/13
サイトマップを新規投稿しました。

初心者のための中古ドメイン開設

人気サイトの仲間入りをしたり、アフィリエイトや商用サイトで収入を上げようと思うなら、SEO対策は欠かせません。
SEO対策とは検索結果で上位に順位を上げるための対策を指しますが、そのひとつが中古ドメイン(オールドドメイン)を使うことです。

サイトが運営されてきた期間が長く、リンクでの繋がりが多いほど検索エンジンで評価されやすくなりますが、その苦労は並大抵ではありません。
その労力に見合った価値をお金で買えるのが、中古ドメイン販売なのです。

新しくサイトを作ってから約3ヶ月の間は、グーグルで上位表示することすら不可能です。
ところが古いドメインの価値を利用すれば、すぐにでも自分のサイトを目立たせることができるんです。

ドメインの基本を知ろう

ドメインと書かれたホログラム
ネット上に自分のサイトを置くには、不動産と同様にまずは開設場所の所有権を購入しなければなりません。
それがインターネット上の住所となり、「ドメイン」と呼ばれ、URLを持つサイトとして存在できるようになるのです。


ドメインは土地の権利と同じく、所有者同士で譲渡や売買もできます。
古いものは基本的に時間とともに価値が下がっていきますが、良質な中古ドメインはむしろその逆です。運営実績が長いほど新規取得者にとって大きな意味を持つんです。

その遺産にはページランクの高さ、被リンクなどプラスの財産となるものもありますが、同時にペナルティ歴などマイナスの側面までまるごと引き継がれる点に気をつけてください。
古いからといって何でもかんでも取得せず、慎重に選んでいれば、そのメリットだけを安全に引き継げます。

古いドメインを取得するには?

ドメインを取得するには、新規ドメインと同様に専門の販売サイトから購入する方法に加えて、自分で見つけてくる方法があります。
いずれにしても、ドメインごとの検索エンジンにおける正しい評価やパワーを見極める目利きの能力がなければ、表面的な価値に騙されやすくなります。

地道な作業ですが、当サイトでは初心者でもドメインの正しい価値をかんたんに調べられる方法を紹介しています。
ドメイン取得は慣れれば流れがわかりやすく、ツールやドメイン取得業者を活用してさらに効率化もできるので、焦らず試してみましょう。

すぐにでもサイトの順位をアップさせられるドメインが、そう簡単に見つかるの?という疑問も当然浮かんでくるでしょう。
世界中に範囲を広げると、すでに数億ものドメインが存在しているので、その中から過去の遺産を掘り出すのは意外と難しくありません。

インターネットの世界はめまぐるしく変遷しているので、新規開設されるサイトは日々増えていく一方、閉鎖されて使われなくなってしまうドメインもまた多いのです。
たった一日でも、数万から数十万のサイトが閉鎖され、ドメインが手放されていると推測できます。

しかし、そのなかで本当に有益なものは数%に過ぎないので、取得希望者の間で今でも競争が激しく取引されています。
サイトの価値をまるごと引き継げるメリットは未だ大きいので、誰もが喉から手が出るほど欲しがるのです。

お金はかかるのか?

予算が限られている中で、オールドドメインを導入して費用対効果はどのくらい得られるのかも、悩ませられる問題です。
お金をかければかけるほど、それに見合った効果が得られるわけではなく、ケースバイケースで考える必要があります。

安いドメインでも、サイトの規模や目的によってはそれで十分なこともありますし、そのためにも自分の目で最適な商品を選びましょう。
相場としては、ひとつ取得するだけでも数万円から10万円超える場合もありますが、それだけお金を出さなければ効果が低いわけではないので、安心してください。

むしろ、高額な料金によって品質を過信し、失敗してしまう事例も目立ちます。
表面的な価値よりも、どうやって無価値だったりペナルティ歴のあるドメインを判別するかのほうが、大事なんです。

購入して損をしないように、業者から提供されている商品でも念の為に自分で事前調査をしておくのに越したことはありません。
ドメインの購入が初めてでも、いくつかの手順を踏むだけで、ページランクや被リンクの調査ができます。

少々時間と手間は要りますが、こういった調査は全て無料でできますし、余裕があれば自分で掘り出し物のドメインを見つけるのも難しくはありません。
新規ドメインをいきなり購入する前に、まずは自分で探して見るだけの価値は、現在でもじゅうぶんあるのです。

▲PAGE TOP