避けるべき中古ドメインとは

- 避けるべき中古ドメインとは

避けるべき中古ドメインとは

中古ドメインの過去の運営歴によっては、避けるべきジャンルも存在します。
ページランクや、運営されてきた年数が長くても、ジャンルによっては低評価に繋がる場合があるんです。
数字だけでは評価できない、望ましくないジャンルを述べていきます。

個人の商用サイトやまとめブログ

一昔前に流行したSEO対策で、かなりグレーソーンに位置しているのが、これらのサイトです。
昔は有効だったSEOでも、現在ではスパムと見なされやすくなっているので、被リンク的もおすすめできません。

現在閉鎖されているのも、過去行っていたSEOが通用しなくなり、検索エンジンから外された可能性が大きいです。
取得してもむしろマイナス効果しかないですし、かけた費用や時間がもったいないです。

アダルト系のサイト

アダルト系のコンテンツは、やたらにリンクを踏ませる構造になっていて、SEO的にも無価値とみなされます。
被リンクが多いという事にもなり一見ランクが高そうにも思えますが、そのリンクの質が悪ければ逆効果なのです。

営利目的の業者のサイト

利益が大きく絡む、商用目的の業者のサイトも、グレーなSEO対策によってドメインの価値も下がりやすい傾向があります。
個人開業医やショッピングサイトなどが典型的な例ですが、一見したところ信用性がありそうでも、SEO的にはあまり良くありません。

ペナルティを受けると商売が成り立たなくなるので、個人サイトよりはリスクは少ないかもしれませんが、取得してもあまり有利ではありません。
SEO的な価値が重視されるのが中古ドメインなので、これらもできるだけ選ばないほうがいいですね。

まとめ

多くの被リンクでSEO対策を行っているサイトは、表面的にはSEO価値が高そうで紛らわしいですが、実際はそんなことはありません。
今では通用しない過去の手法になっているので、中古ドメインを選ぶときには被リンクの質まで確認してから、購入を決めましょう。

▲PAGE TOP